キリストの御手の中で

まことの神、主よ、御手にわたしの霊をゆだねます。。キリスト御手の中での歩みをあなたと。。。

イエス様がたとえ話を語るようになったきっかけ

こんにちわ~

前回も書きましたが、これから少しずつですが、イエス様がマタイの福音書13章で語られた一連のたとえ話について、ご一緒に味わっていくこととします。

 

前回の復習です。 gracelife.hateblo.jp

 

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○

マタイの福音書13章1~3節

その日、イエスは家を出て、湖のほとりにすわっておられた。
すると、大ぜいの群衆がみもとに集まったので、イエスは舟に移って腰をおろされた。それで群衆はみな浜に立っていた。
エスは多くのことを、彼らにたとえで話して聞かせた。
「種を蒔く人が種まきに出かけた。。。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○

 

 

  

マタイ13章から突然たとえ話になった訳

実はこれから学ぶマタイ13章なんですが、ここの章、とっても重要な章なんです。

 

12章までと比較してみるとわかりますが、この13章を起点として、イエス様の活動スタイルがガラッと変わったんです。


12章までは、イエス様は具体的に、当時そこで生き、生活していた民衆にとってわかりやすい言葉で、且つ、具体的に語っていました。

それが突然、この13章を起点として、ガラッと変わっちゃって、とつぜんたとえ話で語るようになりました。

このたとえ話、あまりにも身近すぎて、イエス様が何を言いたいのか、民衆には理解しづらかったのです。

 

実は、イエス様、この13章の時点で、あえてわかりにくくされたんです。

 

ただし、弟子たちには違った対応を取っておられました。

弟子たちは、わからないところをイエス様にお聞きしました。

すると、イエス様はわかりやすく答えてくださいました。

 

 

赦されない罪を犯したから

エス様が突然、たとえ話で語るようになったのか、その理由はこの前の章である12章にあります。

 

12章をみると、そこにはイエス様が悪霊に取りつかれて目が見えず口の利けない人を癒やされたことが記されています。

当時、悪霊追い出しをする方法は、悪霊の名前を聞いて、その悪霊の名前を呼んで追い出しました。

だから、口の利けない人の場合は悪霊を追い出すことが出来ませんよね。

それで、パリサイ人たちは、こういう悪霊を追い出すことが出来るのはメシアだけだって教えていたんです。

 

で、イエス様はなんと口の利けない人についた悪霊を追い出し、癒やされました。

ということは、イエス様はメシアだっていうことが実証されたんですよね。

だって、自分が教えていたことだから、それを否定することは、弟子たちに示しがつきません。

 

それでパリサイ人たちがどうしたのかというと、「この人は、ただ悪霊どものかしらベルゼブルの力で、悪霊どもを追い出しているだけだ」って語ったんです。

ベルゼブルって何かというと、ペリシテ人の偶像神の中の一つで、「王宮の主」という意味です。

 

そのベルゼブルのことをユダヤ人たちは、ベルゼブルに似た発音で「ベルゼバブ」っていう単語があり、その意味はハエです。

それでユダヤ人たちは「ベルゼバブ」、つまり「ハエの主」っていう意味を込めて「ベルゼバブ」って皮肉たっぷりに語っていたんです。

そして、このベルゼバブってサタンの名称としていたんです。

 

パリサイ人たちは、イエス様が悪霊を追い出したのは、イエス様が悪霊の頭で、しかもユダヤ人たちが「ハエの主」だってバカにし、サタンの名称として呼んでいた「ベルゼブル」の力で悪霊どもを追い出しているだけだって言ったんです。

 

エス様は、この時に悪霊呼ばわりしたことを「赦されない罪」(32)だった言われたんです。

 

 

赦されない罪

この「赦されない罪」、ものすごく混乱し、多くのクリスチャンが恐れているワードです。

「赦されない罪、犯しちゃったかな。。。」ってね。

この箇所を使って、「私たちは救われても、救いを失うことがある」 って教えたりする人がいて、それを聞いている人は戦々恐々、救いを失いたくないって恐れてしまいます。

また、「あれはもう救いを失うな」って、時にクリスチャンらしくない振る舞いをする人を批判したり、「こんなことをしたら救いを失う」って判断したりします。

 

でもね、これらぜーーーんぶ間違い。

だってね、神様はそんないい加減な方じゃないですよ。

神様はね、一度罪赦し、ご自身の子どもとされた者を見捨てるような方じゃないです。

神様は契約の神様で、一度救いを約束したなら、もう絶対にその救いが無くなるようなことは絶対に絶対にありません。

だから、安心してクリスチャンライフ、送ってくださいね。

 

で、この「赦されない罪」っていうのは、イエス様を悪霊呼ばわりしたその時のユダヤ人たちのことなんです。

だから、私たちが何をしても、赦されない罪など犯しようがないし、犯すことも出来ないんです。

だから、このことで我々も赦されない罪を犯すことがあると聞いても、それを心に留めてはダメです。

どんな罪でもイエス様の前に告白したら赦されます。赦されない罪など何一つありません。イエス様の十字架の御業は完璧なのです。

 

天の御国のプログラムの変化

さて、話しを戻しますが、こうやってその当時のユダヤ人たちは公式にイエス様を拒否しました。

ユダヤ人の王として来られたイエス様、そのイエス様を悪霊呼ばわりして拒否する。。。心痛くなります。

そして、この時以来、「天の御国のプログラム」は大きく変わったんです。

 

どう変わったのかというと、これまでイエス様は民衆に向かって、その人たちにわかるように語られていたんですが、この時を境に彼らに対してはたとえ話だけで語り、そして12使徒の訓練に焦点を合わせるようになったんです。

 

現実問題として、教会時代がまもなく来ます。教会時代はイエス様が私たちの罪のために十字架にかかり、墓に葬られ、三日目によみがえり、天に上り、聖霊が下って以降から始まったんですが、イエス様のミニストリーは教会時代に働く弟子たちのための訓練にシフトしたんです。

 

エス様の働きの変化

エス様の働きの具体的な変化なんですが、この時以前は、奇跡をなされましたが、その人の信仰は問われませんでした。

しかし、この時以降は、その人に信仰があるかどうかが問われ、また必要を抱えた個人を助けるために行われました。

 

また、ユダヤ人たちが赦されない罪を犯す前は、イエス様は御自分がメシアであることを言い広めるように命じられました。

ところが、この時以降は真逆で、ご自身がメシアであることは誰にも言うなって命じられるようになったんです。

 

そして、「赦されない罪」を犯す前は、イエス様は山上の垂訓に見られるように、誰にもわかりやすい言葉で、明瞭にはっきりと人々に教えられました。

ところが、この事件以降は、たとえ話でしか語ることはなくなりました。

エス様がたとえ話でしか教えなくなった理由は、聴衆から真理を隠すためです。

なぜなら、回帰不能点を超えたからです。

 

 

このように、イエス様の宣教が変更された理由は、その時代(今じゃないですよ~!!!)のユダヤ人たちが取り返しのつかない罪、つまり「赦されない罪」を犯したためなのです。

そして、この13章の一連のたとえ話の最初が「種まきのたとえ」です。

次回はこの「種まきのたとえ」について、ご一緒に味わうこととしましょう。

 

 

祝福を祈ります。キリストの愛を込めて。。。

じゃぁね~~(@^^)/~~~

マタイ13章のたとえ話 導入編

こんにちわ~

 マタイ13章のたとえ話

今日から少しずつですが、マタイの福音書13章に出て来るイエス様のたとえ話の箇所から、ご一緒にみことばを味わいたいと思います。

 

マタイの福音書を味わっていると、イエス様の宣教スタイルが突然変化する瞬間があります。

それがこの13章です。

13章を境に、イエス様は突然群衆に対して、たとえ話を通してメッセージをされ、わざとそこにいた人たちが理解しにくくされたんです。

 

そして、そのせいかわかんないけど、今の時代に生きている私たちもなかなか難しく、誤解を与えている箇所でもあります。

 

そこで、これから少しずつ、この13章でイエス様が語られた一連のたとえ話を通して、イエス様がどうしてこういうスタイルに突然されたのか、そしてこのたとえ話の意味はなんなのかをご一緒に味わいたいと思います。

 

不定期で、途中、マタイ13章以外の記事もアップすると思いますが、これからよろしくお願いします。

 

とりあえず、今日はこの辺で。。。

 

じゃぁね~~(@^^)/~~~

神様の切実な思い。。。

こんにちわ~

今日も無事終わりました。

 

今、いろいろ聖書を毎日味わってるんですが、エゼキエル書を味わいました。

で、その中で、神様の御思いに触れた思いがした箇所があったんです。

 

神様の御心

 

これ、エゼキエルを通して、イスラエルの民に語られたことばです。

イスラエルがついに滅び、捕囚としてバビロンに連れて行かれ、そういう状況の中で、民はもう二度と立ち上がれないという思いに捕らわれ、「私たちはどうして生きられよう」という投げやりな思いを語っています。

そういう状況の中で神様はエゼキエルを通して語られたのです。

 

このみことば、悔い改めを迫っていますね。

でもね、同時に神様のイスラエルの民に対する思いがここにあるのです。

 

「立ち帰れ、立ち帰れ、お前たちの悪しき道から」

神様の呻きがここから伝わってきますね。

そして、神様の御心は、悪人が滅ぶことではなく、悪人が悔い改めて立ち帰ることなんです。

 

これ、イスラエルの民に対してだけでなく、今日の私たちに対しても同じです。

今、ぼくたちに対してもまた、「立ち帰れ、立ち帰れ、お前たちの悪しき道から」って語られています。

 

なんかね、神様の呻きというか、涙ながらの訴えがこのみことばからひしひしと伝わってきますね。

 

 

 神様の御心に応答する方法

 

これ、ぼくたちクリスチャンに対するみことばです。

 

霊的119番

ハッシュタグで「霊的119番」って書いたんですが、どういう意味かわかりますか?

第一ヨハネ1章9節、つまり119なんです。

 

未信者は自分の罪のためにイエス様が十字架で死なれ、墓に葬られ、三日目によみがえったことを信じ受け入れるなら救われます。

じゃぁクリスチャンが罪を犯したら。。。

そう、この霊的119番が答えなんです。

 

ぼくたちが病気になったら救急車を呼ぶように、クリスチャンが罪を犯し、神様を悲しませることをしたら、自己憐憫に浸るんじゃないんですよ。

もう赦されない。。。って落ち込むことでもないんです。

 

「私たちが自分の罪を言い表すなら」、つまり、神様の前に自分の罪を告白し、悔い改めるなら、神様は真実で正しいお方ですから、その罪をその瞬間に赦し、すべての悪からきよめてくださるんです。

 

だから、ぼくたちにとって悔い改めは大切なんですよね。

 

神様の前に素直に悔い改め、神様のこの呻きに応答する者でありたいですね。

そして、いつも霊的119番、ここに電話し、悔い改め、立ち帰りましょうね。

こうやって、ぼくたちはイエス様の似姿に帰られていき、将来、この地上生涯を終え、天国に行ったとき、ぼくたちの体は栄光の体、まさにイエス様の似姿に変えられるんです。ハレルヤ♡

 

祝福を祈ります。キリストの愛を込めて。。。

じゃぁね~(@^^)/~~~