キリストの優しい風

キリストの優しい風に吹かれ、満たされ、癒やされていく恵みをあなたと。。。

わたしに従いなさい

こんにちわ~

  ふぅ、今日も無事終わりました。

 

みことばの分かち合い

今朝、味わったみことばですが、ヨハネ21章、イエス様がペテロに3回「わたしを愛しているか」って質問された箇所です。

 で、その後のイエス様とペテロとの会話を味わいました。

  


☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆

ヨハネ21:20~22
ペテロが振り向くと、イエスの愛しておられた弟子がついて来るのが見えた。

この弟子は、あの夕食のとき、イエスの胸もとに寄りかかったまま、「主よ、裏切るのはだれですか」と言った人である。

ペテロは彼を見て、「主よ、この人はどうなるのでしょうか」と言った。

イエスは言われた。「わたしが来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか。あなたはわたしに従いなさい。」

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆

 

ペテロへのチャレンジ

イエス様はペテロに3回「わたしを愛しているか」って言われたけど、ペテロはイエス様を3回裏切って、「知らない」って言ったんですよね。

 

その後、ペテロの心の中の悲しみ、後悔、それは計り知れないくらいの大きさだったと思います。

毎日のように「主よ、ごめんなさい。お赦しください」って悔い改めていたことでしょうね。

  

だからね、イエス様がペテロに3回「わたしを愛するか」って言われたのって、すごーく大きなことだったと思うんです。

 

 その後、イエス様はペテロに「わたしの羊を飼いなさい。はっきり言っておく。あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたくないところへ行った。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる」って言われました。

これ、ペテロの将来に対する預言です。ペテロが将来どんな迫害に遭うかっていう預言で、伝承によると、ペテロは十字架刑にかけられて死にますが、イエス様と同じでは申し訳ないって言って、逆さ十字架にかけられて亡くなったそうです。

これがペテロの殉教の死の姿です。

著者のヨハネはそのことについて「ペテロがどのような死に方で、神の栄光を現すようになるかを示そうとして」イエス様が言われたんだって言っています。

 

で、その上で、イエス様は再度言われました。

「わたしに従いなさい」

 

赦されたペテロに対するイエス様のチャレンジ、そしてイエス様の弟子としてのライフスタイル、すごく考えさせられました。

イエス様への忠実さ、本当に大切ですよね。

 

 あなたはわたしに従いなさい

で、イエス様はおそらくその後、ペテロに御自身の再臨について言われたんでしょうね。

その後のペテロの反応、それが冒頭に書いたみことば、ヨハネ21章20~22節です。

 

ペテロ、ヨハネを見て、ヨハネはどうなるんだろうって思ったんでしょうね。

そんな好奇心から「主よ、この人はどうなるのでしょうか」って聞きました。

 

するとイエス様、こう答えられました。

「わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか。あなたは、わたしに従いなさい」

 

あなたはわたしに従いなさい

あの人、この人じゃないんです。

神様はそれぞれにふさわしい賜物を用意し、召しを用意し、一人一人、各個人のためにご計画をもたれているんです。

その与えられている召しに対して忠実であり、全うしなさい。

イエス様はここでそうペテロにおっしゃったんです。

 

ペテロだけじゃなくて、今、自分自身にも語られているんだなぁって思わされました。

私たちひとりひとりに与えられている召し、それはキリストの弟子となることであり、罪から離れることです。

 

ヘブル12章14節にこうあります。


すべての人との平和を、また聖なる生活を追い求めなさい。聖なる生活を抜きにして、だれも主を見ることはできません。
神の恵みから除かれることのないように、また、苦い根が現れてあなたがたを悩まし、それによって多くの人が汚れることのないように、気をつけなさい。

 

 

罪があると神様を見ることは出来ないって、ヘブル人への手紙の著者は言っています。

そう、イエス様に従うためには何よりも罪から離れることですよね。

 

この世はサタンの支配下であり、サタンのものです。

だからクリスチャンは攻撃を受けるんです。

そして、私たちの心にいつも誘惑してくるのもサタンです。

その罪の誘惑に対して常に拒否し続けること、そしてみことばを学び、みことばに忠実になること、これなんです。

 

ぼくたちはキリストの弟子として招かれています。

「わたしに従いなさい」

これがイエス様の招きのおことば。

 

罪から離れ、聖なる生活を追い求め、聖書のみことばに忠実に従う歩み、それこそがイエス様に従う歩みなんです。

 

ぼくたちはみんな弱さを抱えているし、失敗しちゃうこともあります。

でも、常にイエス様に立ち返り、罪を悔い改め、イエス様に従う歩み、していく者でありたいですね。

 

今週も後半に入りますが、主に従う日々でありますように。。。

 

でわでわ~(@^^)/~~~