キリストの優しい風

キリストの優しい風に吹かれ、自由に導かれ、癒やされ、変えられていく幸せをあなたと。。。

神様に愛されてる恵み

こんにちわ~

今日は短く書こうと思います。

 

最近、心が疲れています。正直言ってね。。。

いろんなこと背負ってるし、不安もいっぱいだし。。。

 

そうやってネガティブな精神状態になると、おもしろいです、どんどんとサタンは心に囁いてくるんです、「お前はダメだ」ってね。

そして心がキューって閉じていって。。。

 

でもね、そうやって心が疲れてるときは、がんばってポジティブにしなきゃ!ってやる必要はないんですよね。

だいたい、そうやってがんばって明るくするぞ、ポジティブになるぞってしようとすること、それ自体罪なんです。

だって、神様に頼らないで、自分の力でやろうとすることだもんね。

 

疲れてるときは、そのまんまでイエス様のとこに行くこと。

エス様は大祭司として今、ぼくのためにとりなし祈っていてくださっている。

そして、ぼくの心の奥底、綺麗な部分もドロドロした誰にも見られたくない部分も、ぜーーーーーんぶ知って折られ、その上で愛していてくださっているんです。

 

このお方の御手の中にとどまり、素直に「心が痛いです~」ってイエス様に甘えることです。

つくづくそう思います。

 

ぼくたちは神様の子どもです。

神様はぼくたちをありのままで愛していてくださり、受け入れてくださっています。

何が出来ても、出来なくても関係無く。

だから、神様に心向け、信頼するとき、慰めてくださるだけじゃなく、すべての必要をも満たしてくださるんです。

それは必ずしも物質的なものということではなく、霊的なもの、つまり神様ご自身の愛と恵みです。

 

物質的なものって、そのときどんなに感動しても、数年経つともうそれは古くなり、また新しいものと買い換える必要がでてきます。

物質的なもので人は尽きない喜びで満たされません。購入してしばらくするとその喜びも失せていく、そういうものです。

 

ぼくたちは神の子であり、神様に愛され、ぼくたちがどうであっても、どんな失敗をしても決して決して見捨てられることも嫌われることもなく、愛し続け、ぼくたちの内に聖霊を通して脈々といのちの泉、神様のいのちが流れているんです。

そう、ぼくたちは愛されてるんですよね。

 

今日、心が痛くて、疲れていて、そんな中、今、思いのまま、導かれるままに書いてるけど、そうやって書きながら、「あぁ、神様に愛されてるんだな~その愛の中にとどまろう」って心の深いところで感じています。

そう、ぼくたちは愛されてるんです。神様から最高の愛でね。

 

 


「見守られるお方」「神の子」*賛美

 

今夜は神様の愛の中に浸り、ゆっくり休むこととします。

主よ。。。💗

 

じゃぁね👋