キリストの優しい風

キリストの優しい風に吹かれ、自由に導かれ、癒やされ、変えられていく幸せをあなたと。。。

みことばによって養われると。。。

こんにちわ~

今日も無事一日が終わりました。

ほっ♪

今週もあと1日ですね。主よ、感謝します。

 

さてさて、今日、新約聖書使徒の働き20章を味わっていたんですが、その箇所から分かち合いますね。

 

今私は、あなたがたを神とその恵みのみことばにゆだねます。

みことばは、あなたがたを成長させ、聖なるものとされたすべての人々とともに、あなたがたに御国を受け継がせることができるのです。

使徒20:32

 

これ、パウロの第三回伝道旅行での出来事なんですが、旅行中、どうしても速くエルサレム教会に援助するためのお金を届けるため、エペソ教会によって励ましたいところ、泣く泣く寄れないこととなり、その代わりにエペソ教会の長老をミレトスという港に来てもらい、その長老の人たちにメッセージを語ったんですが、そのメッセージの終わりに語られた内容なんです。

 

あなたがたを神とその恵みのみことばにゆだねます。

パウロはこのことばをエペソの教会の長老たちに託しました。

「神と恵みのみことばにゆだねる」

みことばによって彼らは守られるんです。

みことばは、神様が私たちを守る際に用いられる方法です。

だからパウロは「神とその恵みのみことばにゆだねます」って言ってるんです。

 

みことばは、あなたがたを成長させ、聖なるものとされたすべての人々とともに、あなたがたに御国を受け継がせることができるのです。

パウロはみことばの力について語ってます。

 

1,神のみことばは私たちを育成する

「育成」っていうと、えっ?!って思うかもしれませんね。

早い話が、養われるとか、育てられるとか、そういう意味なんです。

 

そして、私たちが育成される中で、神様のみことばによって、イエス様の似姿に変えられるんです。

それはまさにみことばの力で、私たちがそのみことばに信頼し、日々味わい、そこに身をゆだねるとき、私たちを神様は育成してくださるんです。

 

私たちは、みことばによって生まれ(第一ペテロ2:2)、生かされ(詩篇119:50)、成長する(第一ペテロ2:2)です。

 

2,神のみことばは、私たちに御国を継がせることができる

私たちの聖化の歩み、そう育成ですね。

私たちがみことばにうよって養われ、イエス様の似姿に変えられたとき、私たちが神様が用意された「御国」を相続するようになるんです。

 

ほんと、私たちはみことばによって育成、養われる必要があるんですよね。

みことばを後回しにしたり、日々の生活に埋没し、気づいたらみことばから離れているとか、その代償はとっても大きいです。

その結果って、サタンの餌食にされちゃうんです。

 

みことばを味わい、養われる、歩み、したいですね。

この一日もみことばを大切に、いえ、みことばを第一にする歩みをすることが出来ますように☆

 

じゃぁね